ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 幻日環 | main | 幻の滝 >>
2019.05.01 Wednesday

『令和』到来 平成時代を振り返る

JUGEMテーマ:写真

新元号『令和』の時代が始まりました。そこで、平成の時代の富士山懐写真を振り返ってみました。

 

平成前期は星景写真がメインでした。平成9年の百武彗星、平成10年のヘールボップ彗星、平成13年のしし座流星群乱舞は脳裏に焼き付いています。

 

平成10年頃からは星景写真から昼間の富士山写真がメインになってきました。

富士山写真といっても私の場合は富士山の懐を歩き周り誰も撮ったことの無い富士山を追い続けます。

 

御殿場口小天狗塚からの写真 小天狗塚は前景に側火山の稜線から宝永山そして山頂

 

御殿場口宝永第三火口(御殿庭)は西暦1707年(宝永4年)に爆発して出来た火口の一つ。

 

宝永第二火口 爆裂火口が迫る。

 

御殿場口太郎坊 近年は雪が少なくここまで真っ白な富士山は中々見られない。

 

御殿場口獅子岩東斜面

火山砂礫地帯の植生が急速に回復してきている。赤いメイゲツソウは下界の植物に侵食され少なくなってきた。

 

須走口『幻の滝』

溶岩流の滑床を雪融け水が流れ下る。ゴールデンウイークから6月まで見ることができる。

 

『令和』時代も良い写真が撮れるようにお祈りしてきました。

 

 

2019.06.18 Tuesday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR